運用方法


 
Wordpressでページ作成
ページ作成が、Wordpress での運用は、サーバ仕様の関係で運用会社のサーバご利用方法です。

1:運用会社のサーバで、商品の登録・変更を行います。

2:Wordpress で編集した記事(以下、ページパーツと云う)を取り込む。
3:運用会社のメンテナンス済みのページデータを自サイトへ転送。

4:クローン(clone)夜間バッチ処理(夜間に自動で更新する)も承ります。
運用方法2
 
運用方法3 
 

・メンテナンス=データの追加・変更のこと
・アイテム=商品データ

 

 

 

 

Wordpressでページ作成

A:Wordpressでページを作成する。

B:商品の追加、変更、削除は、上段メニューの「新規登録」、「削除」、登録一覧」で実行
 都道府県や市区の編集も同様

C:「デザイン」(メニュー)

・最新のWordpress のトップページから 最新のページパーツを取り込む作業です。
 ページパーツのセット方法は「File編集」を参照ください。

 正しく取り込めたかどうかの確認は「確認」で実施

D:OKなら「自サイトへ転送」します

 転送の標準ファイルは
  1. index.php(トップページ)
  2. search2.php(検索結果の一覧を表示)
  3. kakunin.php(編集時の出来上がり確認用)
  4. index_2.php(トップページに表示する商品用 1アイテム分)
  5. search2_2.php(検索結果に表示する商品用 1アイテム分)
いずれも自サイトのホームディレクトリ(index.phpのあるところ)へ、上書きで転送します

追加で申請いただいたファイルも同様に転送します(転送先は、ホームディレクトリ)


Wordpress側を変更し、「最新の記事」等の反映が必要な時は、「C と D」を実行



 夜間バッチ処理で「CとD」を実行することも可能です。(有償作業ですが、ご相談下さい)
 








Copyright(C) 2008 - 2018 MIS. All rights reserved    v7.2.6

▲ページトップへ